ニの腕に特化した負荷を与えるダンベル二の腕ダイエット


ダンベルを使って二の腕を補足するという考え方があります。ここまでも紹介させていただきました。今回は、その中でも最も効果があると思われる“ダンベル二の腕ダイエット”を紹介します。


29

ダンベルは腕全体を鍛えることも
ダンベルを用いたダイエット方法は、やはりダンベルは腕を鍛えるものなので、その数は非常に豊富となるわけです。しかし、どうしても腕全体を鍛えてしまったり、肩を鍛えてしまうことがあります。

他の部位を鍛えても問題ない方は良いですが、中には二の腕だけ鍛えられれば良いという方もいるわけです。そういった方には、今回紹介するダイエット方法が抜群の効果を発揮してくれるでしょう。

ダンベルを持って肘を90度から180度へ

 そのトレーニング法で注目しなければいけないのが肘の角度です。

以前紹介した、カールアームは肘が180度から0度になるような感覚で行いました。しかし、こちらのダイエット法はその逆といっても良いです。

肘の角度が90度の状態からはじめまして、180度にします。ですので、腕を伸ばすような方向性になるわけです。

トレーンング方法

まず脇をしめてください。そして肘を体の後方へ持って行きます。肘を上に向けるような感覚です。

 そして肘が約90度になるようにしてください。そこから後方へ肘を伸ばします。180度は重りも持っていますし、難しいと思うので出来る範囲で構いません。

以上の運動をおこないますと、負荷が上腕二頭筋の裏側の“上腕三頭筋”に集中します。ですので、ニの腕のプルプルしたお肉に良い効果がもたらされるわけです。

効率的にトレーニングをするコツ

脇をしっかりと締めてください。脇の締まりが緩いと、効果的なトレーニングはできません。

最初はつらいと思うので緩めても良いですが、慣れてきたらしっかりと脇をしめてトレーンングしましょう。

重さの選び方にも注目しましょう。

基本的には500グラムで構いません。最初に1キログラムや2キログラムだと重くて出来ない可能性もあります。慣れたら1キログラムにして、負荷をもう少しかけるという事も良いかもしれません。