座ったままで二の腕ダイエットは可能


二の腕ダイエットの方法ですが、いくつかありますが座りながら行う事も出来ます。

テレビを見ながら二の腕ダイエット
座りながら行えるという事ですので、テレビを見ながらおこなう事もできるわけです。時間を有効に使ったダイエットが簡単にできるというわけですから、二の腕ダイエットをしっかりとしたい方はチェックしてもらえたらと思います。

ただ、座って行うと言っても、どのような方法で行うのかをしっかりと確認する必要もあります。誤った姿勢で行ってしまいまと、ニの腕ではないところに効いてしまいます。そして変なところに肉がついてしまう事もあるわけです。

座った状態での二の腕ダイエットの姿勢

30

まずは、体育座りのような格好をしてください。学生の時の体育の授業でよくさせられた格好になります。

その時は手を膝のところにまわしていたと思いますが、こちらのダイエットの時は違います。後方の床につけてください。

 背中を斜めにしまして手が直線になって床についているような感じです。肘は約180度に近い形の直線にしてください。横から見れば。背中と床と腕で3角形の形になっているような感覚です。

以上がまずは基本姿勢です。このままでは全く運動にはなりませんので、ここから運動開始になります。

後方に持って行った腕ですが、背中の体重をかけつつ肘を曲げてください。背中が床に近づくような感覚です。そして床にある程度近づいたら、元の状態に戻します。たったそれだけの方法になります。

その時にイメージとしては、元の姿勢をもどうと気に二の腕を意識しましょう。その時に二の腕が鍛えられていますので、負荷がかかっていると感じたらその方法で間違いはありません。

回数は?

以上の運動方法の回数ですが、1日当たり10回から15回ほどで問題ありません。

ただ、できればゆっくりと行ってください。早く行うと、単に反動を使って運動をしているだけになります。反動を使うと、どこの筋肉も鍛えにない状況になります。せっかくの運動も意味がありませんので、しっかりと参考にしてもらいたい部分です。

毎日行うのが理想ですが、週に2回から3回でも効果は現れます。ドラマを見ながら行っても良いでしょう。