ペットボトルは二の腕ダイエットの重要アイテム


ペットボトルを使った二の腕のダイエット方法には、ペットボトルならではの有効性があります。

二の腕のダイエットですが、重いものをもってトレーニングすることが特におすすめできるものになります。重いものをもつことで、二の腕に有効な負荷が与えられることになります。
重いものは効果抜群
もちろん、重いものを持たなくてもある程度の二の腕ダイエットはできますが、やはり重りを持ってトレーニングすることがオーソドックスなスタイルとなります。運動しているといった感覚にもさせてもらえます。

そこで重りですが、運動につかわれるものとしては以下のものがあります。

 鉄アレイ
 ダンベル
 ペットボトル

以上の3つですが、効率的な運動をするには鉄アレイは除外されます。悪いものではありません。しかし、重さの調節ができないわけです。

一方で、ダンベルとペットボトルは重さが調節できます。

ペットボトルの有効性

35
実はさらに有効なのがペットボトルになります。実は、ペットボトルは水をいれて重さを調節できます。

自分にとってちょうど良い重さにすることができるわけです。100グラムでも150グラムでも可能です。計量器があれば事細かに設定することができます。

一方で、ダンベルも確かに調節できます。しかし、500グラム単位や1キログラム単位の調節です。本格的に運動される方が利用するものですので、基本的にダイエットには適していません。

ペットボトルについては、軽い重さを自在に調節できるので、ニの腕ダイエットのようなピンポイントのダイエットに適しているわけです。

ペットボトルウォーキング

35-1
ペットボトルを使った二の腕ダイエットですが、お勧めになのがウォーキングです。

ウォーキング時に大きく腕を振るなど行えば、二の腕に大きな負荷がかかりましていい結果を導き出してくれることもあります。

両手に持っても良いですが、片手に持ってウォーキングをして時々持つ手を変えるようなことでもかまいません。そして慣れてきたら両手に持ってみたり、歩く距離を延ばしたりすると効果もさらに高まります。