二の腕ダイエットを椅子とダンベルで行う方法


本格的なトレーニングに見えるけど実はそれほどきつくない、ダンベルと椅子を使ったダイエット方法を紹介します。


41
使う道具は、前記したように“椅子”と“ダンベル”になります。

ダンベルの重さに気をつける!
問題はダンベルの重さになると思います。実はこれを重くしてしまうとスポーツ選手が行う運動になってしまいます。筋肉を鍛え上げる運動になってしまうわけです。

ちなみにスポーツ選手の場合は、3キログラム以上のダンベルを使って運動する機会が多いです。ですので、できれば3キログラム未満のダンベルを使うと二の腕ダイエットとして効果的です。

 男性の場合・・・1キログラムから2キログラム
 女性の場合・・・500グラムから1キログラム

以上がこちらの二の腕ダイエットの一つの負荷の基準になります。

鍛えたい方は、それ以上の重さでトレーニングしても構いません。まだすぐに効果を得たい方は、少し重いものを利用すると良いでしょう。

その代わり無理はしないでください。思いものを持ってトレーニングすると腕がつってしまう事もあります。一度つってしまうと、その日のトレーニングができなくなってしまう事ありますので、無理は禁物です。

トレーニング方法について

では、トレーンング方法というものをチェックしてみましょう。それほど難しいものではありません。

まずは片手で椅子の座るところに出を置いてください。そうすると体が“くの字”になって前傾姿勢になっていると思います。

その姿勢で、空いている方の手にダンベルを持ってください。

そのダンベルを身体に引き寄せる感じで、肘を曲げた状態で持ちあげてください。イメージとしては、後方に持ちあげる間隔です。その時はあくまで肘を曲げた状態で行うわけです。

肘が上を向くような感覚で持ち上げます。その時に、ニの腕に負荷がかかっているのが分かったらその運動は成功しています。片腕につき10回程度行うと良いでしょう。

間隔ですが、できれば毎日行ってください。毎日行うためにも最初は軽いダンベルを利用することが肝心です。