食事からダイエットする二の腕


ダイエットをする方は、食事ダイエットをする方も多いでしょう。実はそこに二の腕に関する落とし穴があります。

肉が残りやすい部位
食事ダイエットをした時に、各部位にお肉が残ってしまうことがあります。人それぞれになりますが、「ふくらはぎ」や「ふともも」、「おしり」、「お腹周り」、「あご」、そして「二の腕」の肉が残ることがあります。

確かに食事ダイエットをすれば、体重は落ちます。摂取量が少なくなれば体重が減るわけです。しかし、なぜか二の腕に肉などが残ってしまいます。その原因を考えることも非常に大切な事になるわけです。

食事ダイエットの盲点

3
食事ダイエットの盲点としては、脂肪が落ちて体重が落ちているのではないことがあるという部分です。食事ダイエットをすることで、確かに脂肪になるものを取らない事もあるでしょう。

一方で、筋肉になるものも摂取していません。その結果、食事ダイエットを続けると、どうしても筋肉が落ち込んでしまうという事があるわけです。筋肉が落ちこんでしまうことで、二の腕の脂肪を燃焼するためのものがなくなってしまうわけです。

筋肉が減れば、基礎代謝量も大幅に少なくなってしまいます。この点は注意しなければいけないでしょう。食事ダイエットがいけないわけではなく、食べ物の質を考えなければ二の腕などに肉が残り続けることになります。

エネルギー不足にも注意

食事ダイエットで過度なものを行うと、どうしてもエネルギー不足になってしまう事があります。人体というものはエネルギーがなければ、動くのに支障をきたしてしまいます。エネルギー不足が続くと、活動的ではない身体になります。

そうしますと普段から行動をしなくなって、結果的に動く機会が少なくなり二の腕の肉も減りにくくなります。

さらに、エネルギーの摂取量が著しくなると、身体自体がそれに順応します。低エネルギーで動けるように対応してしまい、さらにダイエットしにくい身体になってしまう事もあります。

そのような事になれば二の腕ダイエットも成功しません。エネルギーの摂取についてもしっかりと考えを持って行うべきです。