簡単腕立て伏せでダイエット


楽な腕立て伏せでも、しっかりとした二の腕ダイエットになるので大注目です。

腕立て伏せで二の腕ダイエットと言えば、かなりオーソドックスなタイプにも見えるでしょう。腕にしっかりと効くようなイメージもあります。

しかし、問題になるのが、腕立て伏せは女性にはかなり厳しいということです。何回もできるような筋力がない場合もあります。それではとてもダイエットにはなりませんので、注意することが必要になるわけです。

ただ、安心してください。

実は腕立て伏せには楽な体制で行えるものもあります。女性はそちらの方法で問題ありませんので、ぜひチャレンジしましょう。

それでは、以下にお勧めの楽な二の腕ダイエット法を紹介します。

壁に手をついて腕立て伏せ

まず、最も楽なのが、壁に手をつくタイプです。

壁に手をつくダイエット
壁の前に立ちまして、壁に手をつきます。あとは一般的な腕立て伏せの運動をするだけです。特に他にしなければいけない運動法があるわけでもありません。

自分の上半身の圧力を腕に伝えるような感覚でこちらの腕立て伏せを行ってください。

かなり楽なので10回や20回など楽にできてしまうと思います。あまり早くやらないで、なるべくゆっくりと行うのがおすすめになります。

ゆっくりやった方が二の腕などに筋肉が付きやすくなり、効果的な二の腕ダイエットになります。

机やいすに手をついて腕立て伏せ

20
ある程度筋力がある方は、壁のタイプではなく、机やいすを活用した腕立て伏せがおすすめです。

机やいすに手をつきます。そうすると体が斜めの状態で腕立て伏せをする事になると思います。こちらの場合もまだ身体全体の体重がかかるわけではありませんので、比較的楽なタイプの腕立て伏せになります。

女性の場合は筋肉を大きくつけることを目的とはしていませんので、こちらの腕立て伏せで対応されると良いでしょう。バランスの良い負荷がかかり、ちょうど良い筋肉がつくことでしょう。

また、負荷がそれほどかからないという事ですが、怪我の予防にもつながってくれるわけです。ダイエットで怪我をしないためにも、楽な腕立て伏せを取り入れましょう。